モロヘイヤと緑茶で葉酸を摂る

葉酸はいちごを中心に野菜で何とかするとして、鉄分は「これだけでOK」という食材がなく・・・。

葉酸はいちごを食べれば摂れる?

葉酸を摂取できる食べ物のひとつとして、いちごは効果的のようです。

いちごには葉酸たけでなく多くの栄養素が含まれています。

妊婦さんに赤ちゃんのために積極的に食べてほしい果物ですね。

また、いちごはハウス栽培されているので季節に関係なく1年中スーパーなどで手に入ります。嫌いな人が少ないのもおすすめポイントです。

ただし、いちごに練乳を大量にかけてしまうような食べ方の人は糖分に注意してください。一日100g程度食べられればベストです。

気を付けてほしいのは、同じいちごでも、いちごジャムには葉酸があまり含まれていないということです。

いちごジャムと同様に、いちご味のお菓子やジュースにも葉酸はあまり残っていないので、なるべく生のものを食べたいですね。

ここまでいちごに含まれる葉酸についての説明でしたが、いちごだけ食べていれば栄養を完璧に補えるわけではもちろんありません。

ほかの食事や、時にはサプリメントなどを利用して、効率よく摂取していくのがよいでしょう。

今は葉酸だけでもいろいろなサプリメントが市販で売られていますので、自分に合ったものを選んで上手に付き合っていきましょう。

鉄分摂るならサプリがいいかも

赤ちゃんに鉄分が不足していると、身体や精神に影響を及ぼす可能性があります。

鉄分が必要というイメージはあまりないかもしれませんが、実は赤ちゃんの貧血という症状は成人よりも気付きにくいのです。

親やまわりの人間が気付かなくとも、定期健診や予防接種などで指摘されるケースが多いようです。

赤ちゃんの鉄分不足を防ぐために食事や時にはサプリメントで栄養を補ってあげましょう。

まず、赤ちゃんが鉄分不足に陥りやすいのは事実です。それは母乳量が減っていくにつれて鉄分量も減少していくためです。

鉄分はいろいろな食材に少量ずつ含まれていますが、レバーやほうれん草に多く含まれているイメージがありますね。

ただ、これだけ食べていれば大丈夫という食材はありませんので気を付けましょう。

バランスのよい食事に気を付けていれば、鉄分不足に陥ることはあまりないようですが、確実に鉄分を摂取するとしたらやはりサプリメントを活用するのがよいでしょう。

食べやすいように工夫されたチュアブル式タイプなどがおすすめです。間違っても大人が飲んでいるものを与えないように注意してくださいね。