妊活サプリのマカナは、残念ながら楽天では買えません。

妊活サプリとしては評判が良く、妊活を決意したときから続けられる女性は多いようです。

 

おそらくマカ、スピルリナ、亜鉛の配合が効果を生んで評価されているからでしょう。

 

いざ買おうとしたら公式サイトで定期購入するのが最もお得です。

 

もしかしたら定期購入に躊躇される方もいるかもしれませんが、マカナの場合は、定期購入で申し込んでも1回で止めることも休むこともできます。

 

連絡方法としては、メール、問い合わせフォーム、メールとありますので、都合の良い方法で次回発送の10日前に連絡することだけ気を付ければ、面倒なことはありませんよ。

 

 

 

赤ちゃんのスキンケアで有名なアロベビーの葉酸サプリです。

 

アロベビーの葉酸は最終加工国がスイスの高品質で、天然葉酸より吸収率が高いモノグルタミン酸型です。

 

厚生労働省が推奨する400μgを含みます。

 

また、妊娠期の貧血防止のため鉄分15mg、母体と赤ちゃんの丈夫な骨のためにカルシウム230mgはこれらは十分な量になっていると思います。

 

女性は妊活が始まるとミネラルやビタミンの摂取を心がけなければなりませんが、普段の食事では必要量の半分くらいしか摂取できていない実態があります。

 

世の中にはミネラルやビタミンを多種配合している葉酸サプリがたくさんあります。

 

ただ、量が少ない傾向にあるので注意しましょう。

 

アロベビー葉酸サプリは、種類も量の十分です。

 

毎日続けることで、赤ちゃんに必要な量はしっかりと満たせます。

 

また、赤ちゃんには学ぶ力も付けたいですね。

 

そのため赤ちゃんのサポート成分は9種類配合しているので、アロベビーの大きな特徴ですね。

 

購入については、定期での価格が初回80%割引にはじまり、2回目以降30%オフ、1回目の15日以内で返品可能で、定期の回数縛りがないので、気軽に始めることができると思います。

 

 

 

アロベビーの葉酸サプリは、日本全国の赤ちゃん本舗など実店舗でも買うことができます。

 

福袋販売はないですが、2袋購入で1袋プレゼントなど、お得なサービスもあります。

 

利用者の口コミもあるので参考にはなりますが、口コミは、あくまでもその人の感想に近いもの。

 

良くも悪くもそのままそっくりご自身に当てはまることは少ないです。

 

そのためにも定期購入で1袋を入手して、数日間試してみて判断します。

 

継続が難しければ、15日以内に返金を申し込みましょう。

 

続けることができそうならば、妊活から妊娠3ヶ月くらいが1日あたり400μg、妊娠中期から出産までが6割(240μg/日)、出産後は卒乳までは100μgほど続けたいですね。

 

つまり、いつまで飲むかと言えば卒乳までが理想です。

 

 

 

 

 

厚生労働省は、1日あたり400μgあればいいというのに800μgもあるので、不思議に思いメーカーに問い合わせてみました。

 

返事が来て内容は、妊娠初期の胎児の器官ができる時期に母体の血液の中の葉酸の濃度を維持する必要があるため、妊娠前から、妊娠中もそうしてほしいという願いを込めて、葉酸量を多くしているとのことでした。

 

この値は、食品で摂る分は除いたものであって、合成葉酸だけの上限値なので、エレビットの800μgでも問題ないということらしいですよ。

 

日本で販売しているエレビットは海外のエレビットの配合をベースにして、厚生労働省が推奨する栄養の摂取基準を踏まえ、安心して摂っていいとのこと。

 

ちなみにエレビットに含まれる葉酸は、原産国も最終加工国もスイスで、最終生産国が日本になります。

 

まあ、その成分配合の影響なのか、価格はベルタなどと比べると少々お高いですが、それが妥協できるかどうか意見が分かれそうですね。

 

 

 

ビタミンは単独で効果を発揮する栄養ではありません。

 

いわば他のビタミンとの協業です。

 

ビタミンB群の中でもB1、B2、B6は、特に偏りなく摂った方が良いとされます。

 

ファンケル製品のビタミンB群は、ビタミンB群の中から選りすぐりの8種類とさらに作用を高める栄養素イノシトールも含まれています。

 

ビタミンB群には、葉酸を400μg配合しているので、妊活中の妊娠初期を迎える女性や授乳中の妊婦さんにお勧めできます。

 

もっともこの商品は、そういった女性だけの商品ではなく、ビタミンB群の働き(エネルギ供給、老廃物の代謝)を期待して、疲れやすい、疲れがたまっている、便秘気味、むくみが酷い人まで利用できる人は多いですね。

 

ビタミンB群は水に溶けやすく、どこかの臓器などに長期間保持することができません。

 

だからこそビタミンB群は、ゆっくり吸収されるように、できるだけ長く作用するように工夫して開発したようです。