ディアナチュラの『ファースト葉酸』は、アサヒ研究所が開発し国内工場で製造するという一貫した管理体制で作られる葉酸サプリです。

安全な原材料を使用することはもちろんのこと、保存料無添加・無着色で製造しています。

 

それに(公財)日本健康・栄養食品協会から「健康補助食品GMP」を認定されていて、一貫した管理体制の下、国内工場で原料材料の受け入れ、製造、製品の出荷まで実施されています。

 

葉酸サプリを飲むのに最適化時間は、ご本人の自由です。

 

都合の良い時間に飲んで構いません。

 

しいて言えば、同じ時間帯に摂ることをおすすめします。

 

葉酸サプリを飲む際は、担任を含んだ緑茶などと一緒だと葉酸の吸収を阻害するので避けて、ぬるま湯や水で飲むようにしてください。

 

 

 

マカナは、妊娠しやすい体づくりにも有効です。

 

それは、葉酸が400μg、鉄8.7mgはもちろんのこと、日本産のマカ、スピルリナ、亜鉛も配合しているからです。

 

マカは、体を温めてめぐりを良くすることができます。

 

スピルリナは50種類以上のアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの栄養成分を含んだスーパーフードとして有名で、世界的にも認められた藻類に属する食品です。

 

亜鉛も女性の身体に対するサポートが期待できます。

 

これらは女性だけにメリットがあるわけではなく、妊活中の男性の健康に寄与するという意味で有効です。

 

少なくても妊娠するまではご一緒に飲んで良いと思われる妊活サプリです。

 

ただし、葉酸もマカもスピルリナも亜鉛も過剰摂取はいけません。

 

そもそもいっぺんにたくさん摂っても効果が大きくなるわけではないので、取り過ぎる必要はないのですが、過剰摂取による副作用の報告がありますので、推奨量を守って飲むようにしましょう。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

 

そうすると葉酸の吸収率が他の葉酸と違って、体内に葉酸をとどめておく時間が長くなるため葉酸を効率よく摂取できるようになりました。

 

食品に含まれるほとんどの葉酸は、ポリグルタミン酸型といって天然の葉酸です。

 

葉酸は胃から小腸に移動し、小腸に存在する酵素の働きで分解されてモノグルタミン酸型に変わり、小腸の細胞に吸収されます。

 

厚生労働省が推奨する400μgの葉酸はモノグルタミン酸量として示していることもあり、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸です。

 

葉酸が正しく作用するようカルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミンも併せて無添加で配合し、さらに美容成分が6種類含んでいる点が特徴です。

 

ベルタ葉酸サプリは楽天のポイントで買えるので便利ですね。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、よく売れています。

 

ネットショップで購入できますが、ドラッグストアなどの店舗では買うことができません。

 

afcやdhcと並んでおすすめされる商品で、利用者数が多いことで口コミも多数あります。

 

値崩れしない商品なので、どこも最安値ですが、妊活中から出産後の授乳期まで数か月間利用することを考えると公式サイトで買うのが得かもしれません。

 

男性用の商品はないですが、ただ、公式販売ページの「よくある質問」のページには、男性にも飲んでほしいとの記載がありました。

 

出産しない男性には特に葉酸の影響がないからです。

 

ビタミンAが含まれていることで、一部の意見としてでは飲むのは危険か?と心配する声もありますが、それは過剰摂取した場合です。

 

妊娠初期の過剰摂取は、赤ちゃんの先天異常の危険があります。

 

普段から偏食せず、規定以上に摂取しなければ、特に心配する必要はありません。

 

既定の飲み方は、水やぬるま湯と一緒に1日あたり最大4粒です。

 

それと解約しずらいという口コミもあります。

 

おそらく割引がある定期購入が6回分受け取る必要があるのと解約の申し出は電話のみのため面倒だからだと思います。

 

お試しができればいいですね。

 

 

 

ビタミンは単独で効果を発揮する栄養ではありません。

 

ビタミン同士で助け合って効果が出ます。

 

特にビタミンB1、B2、B6は、同時に摂るべきと言われています。

 

ファンケルの『ビタミンB群』は、ビタミンB群が8種類、それにそれらのと働きを支援する栄養素イノシトールも含まれています。

 

ビタミンB群には、葉酸を400μg配合しているので、妊娠を希望する女性におすすめです。

 

ただ、そういった女性の専用品ではなく、ビタミンB群の働き(エネルギ供給、老廃物の代謝)を期待して、疲れやすい、疲れがたまっている、便秘気味、むくみが酷い人まで利用できる人は多いですね。

 

ビタミンB群は水に溶けやすく、どこかの臓器などに長期間保持することができません。

 

そのため『ビタミンB群』は、穏やかに吸収さえるようにし、できるだけ長く作用するように工夫して開発したようです。