赤ちゃんのスキンケアで有名なアロベビーにも葉酸サプリがあります。

アロベビーの葉酸は最終加工国がスイスの高品質で、天然葉酸より吸収率が高いモノグルタミン酸型です。

 

厚生労働省が推奨する400μgを含みます。

 

また、妊娠期の貧血防止のため鉄分15mg、母体と赤ちゃんの丈夫な骨のためにカルシウム230mgはこれらは十分な量になっていると思います。

 

女性は妊活が始まるとミネラルやビタミンの摂取を心がけなければなりませんが、普段の食事では必要量の半分くらいしか摂取できていない実態があります。

 

世の中にはミネラルやビタミンを多種配合している葉酸サプリがたくさんあります。

 

ただ、配合量が少ない点に注意が必要です。

 

アロベビーは、種類だけでなく配合量の十分ですので、毎日続けることで、赤ちゃんに必要な量はしっかりと満たせます。

 

それと学ぶ力がある赤ちゃんに期待して、赤ちゃんのサポート成分は9種類配合しているので、アロベビーの大きな特徴ですね。

 

定期購入での価格は初回が80%オフ、2回目からは30%割引で継続します。

 

15日間の返品オッケー、回数の縛りがないのも気軽に始めることができると思います。

 

 

 

妊娠前から葉酸、カルシウム、鉄分を補給しようと栄養補助食品を利用する人がたくさんいます。

 

たとえば、ピジョンの葉酸プラスやカルシウムプラスがこれにあたります。

 

楽天やamazonで購入可能です。

 

ピジョンのサプリは添加物が多いのでは?という口コミが目立ちます。

 

他メーカーの葉酸系サプリと比べると含有量が多いようにも見えますが、ただ、栄養補助食品として問題があるレベルではないのでしょう。

 

いつどんな感じで飲むかと言えば、基本はメーカーの言うとおりにするのがおすすめです。

 

 

 

アロベビーの葉酸サプリは、日本全国の赤ちゃん本舗など実店舗でも買うことができます。

 

福袋販売はないですが、2袋を購入するとおまけで1袋付いてくるので、その点はありがたいですよね。

 

飲んでいるママの口コミもありますが、あくまでも口コミは、その人なりの意見です。

 

味、匂い、飲みやすさなどの感覚は、すべての人が同じということはないでしょうね。

 

そのためにも定期購入で1袋を入手して、まず試したうえで続けるのが難しいようであれば、15日以内に返品の手続きをすればいいですよ。

 

続けられそうであれば、妊活中から妊娠初期までフル(400μg/日)に飲んで、妊娠4か月から出産するまでは、1日あたり240μg、出産後は卒乳までは100μgほど続けたいですね。

 

つまり、いつまで飲むかと言えば卒乳までが理想です。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、cmで見かける機会があるのでご存知の方もいるでしょう。

 

楽天やamazon、公式サイトでのみ購入できます。

 

ランキングサイトなどで、ママニックなどと上位表示され、良くも悪くも様々な口コミがあります。

 

ショップによって販売価格の違いはなく、どこで買ってもほぼ最安値ですが、数か月間飲むのであれば、公式サイトから購入するのが、結局はお得になりそうです。

 

男性用の商品はないですが、公式サイトのよくある質問の回答には、男性にも飲んでほしいとの記載がありました。

 

出産しない男性には特に葉酸の影響がないからです。

 

豊富なビタミンの中にはビタミンAも配合されているため、飲むことをためらう意見もありますが、それは過剰摂取した場合です。

 

確かに妊娠初期の段階で、ビタミンAを過剰に摂取すると赤ちゃんに先天異常のリスクが高まります。

 

偏食なしの食事、規定内の摂取であれば、特に心配する必要はありません。

 

既定の飲み方は、水やぬるま湯と一緒に1日あたり最大4粒です。

 

あと定期購入の場合、簡単に解約できるのかという意見もあります。

 

おそらく割引がある定期購入が6回分受け取る必要があるのと電話での解約受付のせいかもしれませんね。

 

途中解約しなくてもいいようにお試しがあればいいかもしれません。

 

 

 

ビタミンは、単独で本来の働きをするわけではありません。

 

ビタミン同士で助け合って効果が出ます。

 

特にビタミンB1、B2、B6は、同時に摂るべきと言われています。

 

ファンケル製品のビタミンB群は、ビタミンB群が8種類、それにそれらのと働きを支援する栄養素イノシトールも含まれています。

 

ビタミンB群には、葉酸を400μg配合しているので、妊活中の妊娠初期を迎える女性や授乳中の妊婦さんにお勧めできます。

 

ただ、そういった女性の専用品ではなく、ビタミンB群の働き(エネルギ供給、老廃物の代謝)を期待して、疲れやすい、疲れがたまっている、便秘気味、むくみが酷い人まで利用できる人は多いですね。

 

ビタミンB群は、水溶性なので溶けやすく、体内に保管することができません。

 

そのため『ビタミンB群』は、穏やかに吸収さえるようにし、できるだけ長い時間で機能するように工夫したそうです。