妊活中から葉酸を飲んでおこうと、鉄分やカルシウムと合わせてサプリメントで補う人が多いです。

たとえば、ピジョンの葉酸プラスやカルシウムプラスがこれにあたります。

 

楽天やamazonで購入可能です。

 

pigeonのサプリメントは添加物が気になるという意見を目にします。

 

確かに入っていますが、でもサプリメントとしては安全なのだと思います。

 

いつどんな感じで飲むかと言えば、基本はメーカーの言うとおりにするのがおすすめです。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

 

それによって体内での吸収率が他の合成葉酸と異なり、葉酸を体内に滞在させる時間を長くすることができるため葉酸を効率よく摂取できるようになりました。

 

食品に含まれるほとんどの葉酸は、ポリグルタミン酸型といって天然の葉酸です。

 

葉酸は胃から小腸に移動し、小腸に存在する酵素の働きで分解されてモノグルタミン酸型に変わり、小腸の細胞に吸収されます。

 

厚生労働省が推奨する400μgの葉酸はモノグルタミン酸量として示していることもあり、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸になっています。

 

葉酸が正しく作用するようカルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミンを含み、無添加で、加えて6種類の美容成分を含んでいる点が特徴です。

 

なお、ベルタ葉酸サプリはamazonでも購入することができます。

 

 

 

 

 

ママの体の中の葉酸量を一定に保つ必要があって、葉酸は18~49歳で900~1000μg/日が耐容上限量とされていて、エレビットの800μgでも問題ないということらしいですよ。

 

日本人の栄養摂取基準も考え、日本人女性のために新配合されたもので、安心して飲んでくださいとのことでした。

 

ちなみにエレビットに含まれる葉酸は、原産国、最終加工国がスイスで、最終生産国が日本ですね。

 

まあ、その成分配合の影響なのか、価格はベルタなどと比べると少々お高いですが、エレビットの口コミの中には、副作用を心配する声があります。

 

おそらく着色料として使用されている「酸化チタン」と「カルミン酸」のせいでしょう。

 

酸化チタンは発がん性の疑いがあると言われ、カルミン酸は急性アレルギー反応を起こすと言われているからです。

 

疑いという点では事実ですが、厚生労働省が使用を認めているのも事実です。

 

それほど神経質にならなくても良いと思います。

 

そうは言っても完全無添加の葉酸サプリもありますからそれと比べてしまうと、どうかな?という気持ちになってしまいますよね。

 

エレビットの販売店と言いますか、どこで買えるかというと病院や調剤薬局、それとオンラインショップです。

 

 

 

ビタミンは単独で効果を発揮する栄養ではありません。

 

ビタミン同士で助け合って効果が出ます。

 

特にビタミンB1、B2、B6は、同時に摂るべきと言われています。

 

ファンケル製品のビタミンB群は、ビタミンB群の中から選りすぐりの8種類とさらに作用を高める栄養素イノシトールも含まれています。

 

厚生労働省の推奨値とおり葉酸を400μg配合しているので、妊活中の妊娠初期を迎える女性や授乳中の妊婦さんにお勧めできます。

 

ただ、そういった女性の専用品ではなく、ビタミンB群の働き(エネルギ供給、老廃物の代謝)を期待して、疲れやすい、疲れがたまっている、便秘気味、むくみが酷い人まで利用できる人は多いですね。

 

ビタミンB群は水に溶けやすく、どこかの臓器などに長期間保持することができません。

 

そのため『ビタミンB群』は、穏やかに吸収さえるようにし、できるだけ長い時間で機能するように工夫したそうです。