ファンケルのビタミンB群は、葉酸が400?配合されているので、妊娠を希望する女性にお勧めできます。

また冷え性対策として、その原因になりえる貧血を防ぐためにも葉酸やビタミンB12は有効です。

 

ただ、鉄&葉酸ではないので、その点は片手落ちですね。

 

葉酸は、胎児の器官を作る妊娠初期までに取っておく必要があり、妊娠中は母体の健康のためにも鉄分とカルシウムが必要だからです。

 

食事だけでそこまで完璧にするのは困難なので、栄養補助食品で補いましょうという話になっているのです。

 

当然、ファンケルのビタミンb群が唯一無二の商品ではありません。

 

多くのメーカーから展開されているのでご自身に合うサプリにすればよいと思います。

 

葉酸は、天然のポリグルタミン酸型葉酸という種類もありますが、それと鉄分、カルシウムなどビタミンやミネラルが配合されている方がいいですね。

 

完全無添加であればなお安心ですが、多少の添加物に神経質にならなくても大丈夫です。

 

 

 

アマゾンや楽天でもアロベビー葉酸サプリは販売されていますので、それぞれのポイントが利用して購入できます。

 

福袋販売はないですが、2袋を購入するとおまけで1袋付いてくるので、その点はありがたいですよね。

 

利用者の口コミもあるので参考にはなりますが、あくまでも口コミは、その人なりの意見です。

 

良くも悪くもそのままそっくりご自身に当てはまることは少ないです。

 

ご自身の価値観で判断するためには、まず定期購入で申し込みましょう。

 

まず試したうえで続けるのが難しいようであれば、15日以内に返金を申し込みましょう。

 

続けることができそうならば、妊活から妊娠3ヶ月くらいが1日あたり400μg、妊娠4か月から出産するまでは、1日あたり240μg、授乳中は100μgを目安に継続しましょう。

 

理想を言えば、妊活中から卒乳まで続けることをおすすめします。

 

 

 

pigeonの『葉酸プラス』は、平成30年、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞で葉酸サプリ部門の1位を獲得したようです。

 

元気な赤ちゃんに泣てほしいと希望する女性が飲むことを想定して開発された商品です。

 

妊娠直前から合成のモノグルタミン酸型葉酸400μgを摂った方がいいと言われていますが、この商品なら1日あたり1粒でオッケーです。

 

また、妊娠すると鉄とビタミンも不足がちになるので、鉄とビタミンB群も配合されています。

 

粒は小さめなので、粒が苦手な方でも飲みやすいでしょう。

 

できるだけ胃で消化されずに腸まで届くよう工夫されているので、うまく小腸まで届いて、そこで吸収されるようです。

 

このようにゆっくりと徐々に吸収されるような加工をタイムリリース加工という処置を施しています。

 

 

 

 

 

厚生労働省は、1日あたり400μgあればいいというのに800μgもあるので、不思議に思いメーカーに問い合わせてみました。

 

返事が来て内容は、妊娠初期の胎児の器官ができる時期に妊娠前から、妊娠中もそうしてほしいという願いを込めて、葉酸量を多くしているとのことでした。

 

この値は、食品で摂る分は除いたものであって、エレビットの800μgでも問題ないということらしいですよ。

 

日本で販売しているエレビットは海外のエレビットの配合をベースにして、厚生労働省が推奨する栄養の摂取基準を踏まえ、日本人女性のために新配合されたもので、安心して飲んでくださいとのことでした。

 

ちなみにエレビットに含まれる葉酸は、最終生産国が日本ですね。

 

ビタミンは、単独で本来の働きをするわけではありません。

 

いわば他のビタミンとの協業です。

 

特にビタミンB1、B2、B6は、同時に摂るべきと言われています。

 

ファンケルの『ビタミンB群』は、ビタミンB群の中から選りすぐりの8種類とさらに作用を高めるイノシトールという栄養素も配合しています。

 

ビタミンB群には、葉酸が400μg入っているので、妊娠を希望する女性におすすめです。

 

ただ、そういった女性の専用品ではなく、ビタミンB群はエネルギーの供給や老廃物の代謝に働くので、疲れている人や体の巡りの良くない人など、広く利用者の範囲が広いです。

 

ビタミンB群は水に溶けやすく、どこかの臓器などに長期間保持することができません。

 

そのため『ビタミンB群』は、穏やかに吸収さえるようにし、できるだけ長い時間で機能するように工夫したそうです。