DHCは女性が健全な妊娠と出産ができるよう、葉酸サプリメントの正しい使用を啓発しています。

それにより神経管閉鎖障害の事例がなくなることを目的にしています。

 

平成29年の環境省エコチル調査によると、日本ではおよそ90%の妊婦が葉酸サプリメントを適切に摂っていないという結果がありました。

 

また、それまでの30年間に日本では、神経管閉鎖障害の症例が増加しています。

 

このような啓発活動の実績として、H29年度末では9市7町とDHCは包括的連携協定を締結したうえで、結果、4つの市と5つの町が公民連携事業として母子健康手帳交付時に適正に葉酸サプリメントを使用する啓発、そしてDHC葉酸サプリメントを配布することを実施しています。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、cmで見かける機会があるのでご存知の方もいるでしょう。

 

楽天やamazon、公式サイトでのみ購入できます。

 

ランキングサイトなどで、ママニックなどと上位表示され、良くも悪くも様々な口コミがあります。

 

値崩れしない商品なので、どこで買ってもほぼ最安値ですが、妊活中から出産後の授乳期まで数か月間利用することを考えると公式サイトから購入するのが、結局はお得になりそうです。

 

メンズ用はありません。

 

公式サイトのよくある質問の回答には、男性にも飲んでほしいとの記載がありました。

 

男性は妊娠しないので、特にサプリで補給する必要ないでしょう。

 

ビタミンAが含まれていることで、飲むことをためらう意見もありますが、規定以上の飲み過ぎのお話しでしょう。

 

妊娠初期の過剰摂取は、赤ちゃんに先天異常のリスクが高まります。

 

普段から偏食せず、規定以上に摂取しなければ、一般的には、特に問題ありません。

 

既定の飲み方は、水やぬるま湯と一緒に1日あたり最大4粒です。

 

それと解約しずらいという口コミもあります。

 

もしかしたら定期購入の回数縛りが6回で、電話での解約受付のせいかもしれませんね。

 

途中解約しなくてもいいようにお試しがあればいいかもしれません。

 

 

 

 

 

厚生労働省は、1日あたり400μgあればいいというのに800μgもあるので、不思議に思いメーカーに問い合わせてみました。

 

ママの体の中の葉酸量を一定に保つ必要があって、合成葉酸だけの上限値なので、エレビットの800μgでも問題ないということらしいですよ。

 

ちなみにエレビットに含まれる葉酸は、そういった経緯で楽天やドラッグストアで買える商品と比べて若干高額ですが、それも致し方ないのでしょうか。

 

 

 

日本人向けの葉酸サプリなのになんで英語表記だけなのか不明ですが、Lara RepublicのFolic acid supplementは材料にこだわり国産厳選野菜を使っていて、豊富なポリフェノールは自然由来で食物繊維を摂ることもできます。

 

使用する野菜の産地もご紹介します。

 

大麦若葉は九州と広島県、ケールは九州と広島県、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、ほうれん草は九州、南瓜と人参は北海道、桑の葉は島根県、大葉(青シソ)は新潟県・青森県・静岡県です。

 

葉酸は最終加工国がスイスの葉酸を使用し、他の栄養素も妊婦さんに必要な分を配合しています。

 

そして製品は、GMP工場で製造し、厳しい審査を施して合格したものだけを出荷します。

 

葉酸サプリは、少なくても妊娠初期まで継続した方がいいので、シンプルで可愛いデザインの小瓶は持ち運びやすく、形状はカプセルではなく錠剤で、小さめサイズにしてあるので、苦手な方でも飲みやすいらしいですよ。

 

 

 

マカナは、妊娠初期だけでなく妊活中でも有効です。

 

それは、葉酸が400μg、鉄8.7mgはもちろんのこと、日本産のマカ、スピルリナ、亜鉛も配合しているからです。

 

マカは、体を温めてめぐりを良くすることができます。

 

スピルリナは50種類以上のアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの栄養成分を含んだスーパーフードとして有名で、世界的にも認められた藻類に属する食品です。

 

亜鉛も女性の身体に対するサポートが期待できます。

 

こういった栄養素は女性だけでなく、妊活中の男性の健康に寄与するという意味で有効です。

 

妊活中からご夫婦で飲むことをお勧めしたいです。

 

ただし、葉酸もマカもスピルリナも亜鉛も過剰摂取はいけません。

 

そもそもいっぺんにたくさん摂っても効果が大きくなるわけではないので、取り過ぎる必要はないのですが、過剰摂取による副作用の報告がありますので、推奨量を守って飲むようにしましょう。