ベルタ葉酸サプリの特徴は、酵母に葉酸を含ませている点です。

そうすると葉酸の吸収率が他の葉酸と違って、葉酸を体内に滞在させる時間を長くすることができるため葉酸を効率よく摂取できるようになりました。

 

食品から摂れる葉酸は、ポリグルタミン酸型です。

 

胃を通過した葉酸は、小腸に存在する酵素の働きで分解されてモノグルタミン酸型に変わり、小腸で吸収されます。

 

厚生労働省が推奨する400μgの葉酸はモノグルタミン酸量として示していることもあり、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸になっています。

 

葉酸が正しく作用するようカルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミンを含み、無添加で、さらに美容成分が6種類含んでいる点が特徴です。

 

なお、ベルタ葉酸サプリはamazonでも購入することができます。

 

 

 

妊活サプリのマカナは、残念ながら楽天では買えません。

 

妊活中から飲んで効果が期待できると妊活を決意したときから続けられる女性は多いようです。

 

評価のポイントは、マカ、亜鉛、スピルリナが摂れる点でしょう。

 

さて、購入しようと思ったら公式オンラインショップでの定期購入が良いですよ。

 

定期購入というと最低購入回数や解約を心配される方がいますが、マカナの場合は、定期購入で申し込んでも1回で止めることも休むこともできます。

 

解約や休止の連絡は、電話、メール、問い合わせフォームと万全ですので、次回分の10日前に申し出ればOKです。

 

特に煩わしいことはないですね。

 

 

 

妊活中の女性が、お手頃な葉酸サプリメントとして、DHC葉酸60日分60粒を買い求めることが多いようです。

 

残念ながらコンビニでは取り扱っているお店は少なく、ドラッグストアかネットなら簡単に入手できます。

 

特にDHCは安価な点がうれしいですが、葉酸が100μgしかないので少なすぎます。

 

基本は1日400μgですので、4分の1ですね。

 

だからと言って4倍飲めばいいということではありません。

 

また、カルシウム、鉄分も入っておらず、摂りたい栄養素が不十分なので、恐らく効果はないでしょう。

 

一方、和光堂のママスタイルは、成分表によると葉酸、鉄分、カルシウムとも入っていますが、了解できるのは葉酸の480μgだけで、鉄分とカルシウムは半分しかありません。

 

この商品も安いのですが、効果はないでしょうね。

 

人気ランキングで上位でも、どうして上位なのか気になるところです。

 

そのまま信用するのは難しいですね。

 

 

 

ピジョンの葉酸プラスは、2018年のたまひよ赤ちゃんグッズ大賞で葉酸サプリ部門の1位に選ばれたようです。

 

赤ちゃんが健康に育つことを願う女性が飲むことを想定して開発された商品です。

 

妊娠直前から合成のモノグルタミン酸型葉酸400μgを摂った方がいいと言われていますが、この商品なら1日あたり1粒でオッケーです。

 

それに妊娠期に不足しがちなビタミンと鉄分のため鉄とビタミンB群も配合されています。

 

粒は小さめなので、粒が苦手な方でも飲みやすいでしょう。

 

その他の工夫としては、胃をスルーできて腸まで届く点ですね。

 

小腸まで届いて酵素で分解されやすくなっているようです。

 

このようにゆっくりと徐々に吸収されるような加工をタイムリリース加工という処置を施しています。

 

 

 

ディアナチュラの『ファースト葉酸』は、アサヒ研究所が開発し国内工場で製造するという一貫した管理体制で作られる葉酸サプリです。

 

原材料は安全なものを選び抜き、保存料は使わず、無着色です。

 

それに(公財)日本健康・栄養食品協会から「健康補助食品GMP」を認定されていて、一貫した管理体制の下、国内工場で原材料の受入から製品出荷まで行っています。

 

葉酸サプリを飲むのに最適化時間は、ご本人の自由です。

 

都合の良い時間に飲んで構いません。

 

しいて言えば、同じ時間帯に摂ることをおすすめします。

 

飲むときは、タンニンを含む飲み物(緑茶など)は葉酸の吸収を阻害するので避けて、水やぬるま湯で飲んだ方がいいです。