日本人向けの葉酸サプリなのになんで英語表記だけなのか不明ですが、Lara RepublicのFolic acid supplementは材料にこだわり国産厳選野菜を使っていて、そのおかげで、ポリフェノールも食物繊維も摂ることができるとのこと。

使用する野菜の産地もご紹介します。

 

ケールは九州と広島県、大麦若葉は九州と広島県、ほうれん草は九州、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、桑の葉は島根県、南瓜と人参は北海道、大葉(青シソ)は青森県・新潟県・静岡県です。

 

葉酸はスイス産(最終加工国)で、いろいろ他の栄養素も配合しているようです。

 

そして製品は、GMP工場で製造し、厳しい審査を施して合格したものだけを出荷します。

 

葉酸サプリは継続することも大切なので、シンプルで可愛いデザインの小瓶は持ち運びやすく、形状はカプセルではなく錠剤で、小さめサイズにしてあるので、苦手な方でも飲みやすいらしいですよ。

 

 

 

妊活中の女性が、お手頃な葉酸サプリメントとして、DHC葉酸60日分60粒を買い求めることが多いようです。

 

残念ながらコンビニでは取り扱っているお店は少なく、ドラッグストアかネットなら簡単に入手できます。

 

安いのは間違いないですが、葉酸が100μgしかないので少なすぎます。

 

基本は1日400μgですので、4分の1ですね。

 

4日分を1度に飲めば、他の栄養成分が過剰になることもあるので止めましょう。

 

鉄分もカルシウムも入っていないですし、摂りたい栄養素が不十分なので、効果は期待できないと思います。

 

一方、和光堂のママスタイルは、絶対に欲しい葉酸、カルシウム、鉄分はありますが、葉酸の480μgはいいとしてもカルシウムと鉄分が、推奨量の半分です。

 

こちらも安いけど、効果は微妙でしょう。

 

市販品などは、口コミなどで評判が良くておすすめかなと思っても価格よりも成分重視で考えた方が良さそうです。

 

 

 

エレビットは、バイエル薬品という超グローバル企業の製薬会社から販売されている葉酸サプリです。

 

回答は、お腹の中の赤ちゃんが体をつくるための大切な時期にママの体の中の葉酸量を一定に保つ必要があって、サプリメントなどから摂る合成葉酸の上限量なので、当該商品の800μgは問題ないです。

 

日本で販売しているエレビットは海外のエレビットの配合をベースにして、厚生労働省が推奨する栄養の摂取基準を踏まえ、日本人女性のために新配合されたもので、ちなみにエレビットに含まれる葉酸は、原産国も最終加工国もスイスで、まあ、その成分配合の影響なのか、価格はベルタなどと比べると少々お高いですが、それも致し方ないのでしょうか。

 

 

 

ディアナチュラから販売されている葉酸サプリは、飲むと下痢になったので、ひどい場合は不妊になるのかと不安になっている利用者がいました。

 

公式サイトでは、監修された管理栄養士の杉本恵子氏のコメントもないので、真意が不明ですが、その経験者は、添加物が体と合わないのかなと推測しているようです。

 

この商品に限らず、サプリメントはそういった事例もあるようなので、何度か続くようであれば、割り切って別メーカーの別商品にした方が良いかもしません。

 

まあ、価格の相場から見るとかなり安い商品ですし、企業努力として、何らかのコストカットをしていると思われます。

 

製造の過程や原材料の仕入れ値を節約しているとは考えたくないですが、利用者に症例がある以上、メーカーから何かコメントが欲しいところです。

 

それはさておき、妊娠したら妊娠初期には、葉酸は絶対に摂っておきたいですし、妊娠中は鉄分やカルシウムも不足しがちなので、そういった成分も摂りたいですね。

 

 

 

Lara Republic葉酸サプリは、回数縛りなしで定期購入がおすすめです。

 

安くなりますから。

 

ルイボスティーも人気商品ですが、そういったプレゼントやサンプル品はありません。

 

楽天よりも公式サイトで買った方が、少しだけ安いですね。

 

口コミを見ると独特な匂いが気になる方もいるようです。

 

成分表は、含有量が多い順に記載しています。

 

肝心の葉酸の順番はずっと下の方ですが、必要な量は入っていますので心配には及びません。