エレビットを飲んだことがない人の中には、副作用を気にする人がいるようです。

たぶん、カルミン酸と酸化チタンが入っているからだと思います。

 

着色料です。

 

酸化チタンは発がん性の疑いがあると言われ、カルミン酸は急性アレルギー反応を起こすと言われているからです。

 

ただ、どちらの成分も厚生労働省は添加物としての使用を認めているので、それほど神経質にならなくても良いと思います。

 

そうは言っても完全無添加の葉酸サプリもありますから不安になるくらいなら、別のを選ぼうと流れても不思議ではないですね。

 

エレビットは、病院や調剤薬局、それとオンラインショップです。

 

 

 

ビタミンは、単独で本来の働きをするわけではありません。

 

いわば他のビタミンとの協業です。

 

ビタミンB群の中でもB1、B2、B6は、特に偏りなく摂った方が良いとされます。

 

ファンケルの『ビタミンB群』は、ビタミンB群が8種類、それにそれらのと働きを支援するイノシトールという栄養素も配合しています。

 

ビタミンB群には、葉酸を400μg配合しているので、妊活中の妊娠初期を迎える女性や授乳中の妊婦さんにお勧めできます。

 

もっともこの商品は、そういった女性だけの商品ではなく、ビタミンB群はエネルギーの供給や老廃物の代謝に働くので、疲れている人や体の巡りの良くない人など、広く利用者の範囲が広いです。

 

ビタミンB群は水に溶けやすく、どこかの臓器などに長期間保持することができません。

 

だからこそビタミンB群は、ゆっくり吸収されるように、できるだけ長く作用するように工夫して開発したようです。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

 

そうすると葉酸の吸収率が他の合成葉酸と異なり、葉酸を体内に滞在させる時間を長くすることができるため効率よく葉酸を摂れるようになります。

 

これは1つの効果と言えます。

 

食品に含まれるほとんどの葉酸は、ポリグルタミン酸型です。

 

葉酸は胃から小腸に移動し、小腸に存在する酵素の働きで分解されてモノグルタミン酸型に変わり、小腸の細胞に吸収されます。

 

厚労省は、400μgのモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨しており、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸になっています。

 

葉酸を働きをよくするため、鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルも併せて無添加で配合し、さらに美容成分が6種類配合していることは長所と言えるでしょう。

 

ベルタ葉酸サプリは楽天のポイントで買えるので便利ですね。

 

 

 

妊活中の女性が、お手頃な葉酸サプリメントとして、DHC葉酸60日分60粒を買い求めることが多いようです。

 

ただ、すべてのコンビニで売っているわけではないので、ネットショップなどで買う方が手軽です。

 

安いのは間違いないですが、葉酸が100μgしかないので少なすぎます。

 

基本は1日400μgですので、4分の1ですね。

 

だからと言って4倍飲めばいいということではありません。

 

また、カルシウム、鉄分も入っておらず、妊活中や妊娠中に摂りたい栄養素がないので、効果は期待できないと思います。

 

一方、和光堂のママスタイルは、絶対に欲しい葉酸、カルシウム、鉄分はありますが、了解できるのは葉酸の480μgだけで、鉄分とカルシウムは半分しかありません。

 

この商品も安いのですが、効果はないでしょうね。

 

人気ランキングで上位でも、どうして上位なのか気になるところです。

 

そのまま信用するのは難しいですね。

 

 

 

pigeonの『葉酸プラス』は、2018年のたまひよ赤ちゃんグッズ大賞で葉酸サプリ部門の1位に選ばれたようです。

 

赤ちゃんが健康に育つことを願う女性に飲んでほしい葉酸サプリです。

 

妊娠直前から合成のモノグルタミン酸型葉酸400μgを摂った方がいいと言われていますが、この商品なら1日あたり1粒でオッケーです。

 

また、妊娠すると鉄とビタミンも不足がちになるので、それらの成分も配合されています。

 

小さめ粒で飲みやすいので、粒が苦手な女性でも支障はないと思います。

 

できるだけ胃で消化されずに腸まで届くよう工夫されているので、うまく小腸まで届いて、そこで吸収されるようです。

 

こういっただんだんと消化吸収されることを実現するためタイムリリース加工と呼んでいるようです。