葉酸サプリのおすすめ市販品は、ネット上の公式サイトや実店舗で手軽に購入できます。

ベルタ、afcのmiteteは人気のようです。

 

葉酸を摂るためのサプリなので、葉酸が含まれているのは当然として、中には妊娠しやすい体づくりの名目で様々が成分が含まれています。

 

妊娠後を考えるとカルシウムや鉄分不足の予防にそれら成分があった方がいいですね。

 

結局、人気ランキングで目星をつけて、商品ごとの成分(効果)や口コミを確認して選ぶというパターンが多いようです。

 

もし、ランキング上位でもお勧めできない葉酸サプリもあります。

 

それは、天然葉酸が使われているサプリです。

 

天然葉酸の吸収率はせいぜい50%で吸収率80%の合成型と比べると、その差が大きいからです。

 

 

 

実店舗でもネットでも買える葉酸サプリを比較するとき、残留農薬や放射能などがゼロもしくは規定以内である点を見極めて、妊娠準備の女性にもママにも赤ちゃんにもやさしいものを選びます。

 

安心の国産野菜フルーツ11種を配合し妊娠する前、妊娠した後にそれぞれ必要な栄養素を含んでいる点も重要です。

 

葉酸は天然型よりも厚労省推奨の合成型のモノグルタミン酸型が必須。

 

種類は吸収率80%のモノグルタミン酸型、原産国はやはりスイス等ヨーロッパの方が品質が高いです。

 

 

 

ビーンスタークマムが販売している『毎日葉酸+鉄これ1粒』は、アマゾンの売れ筋ランキング4位で女性のためのチュアブルタイプ・タブレットです。

 

舐めても噛んでも自由な商品です。

 

目安は1日1粒で、それに400μgの葉酸を含んでいますので、妊娠を計画している女性に最適です。

 

それに鉄13mgで妊娠期の不足気味を解消します。

 

ビタミンB群も配合されているのはうれしいですね。

 

個人的には、楽天のランキング上位だからとはいえ、素材の原産国や最終加工国まで公表していない葉酸サプリは、効果も不明瞭ですしおすすめできないですね。

 

 

 

妊活中に葉酸サプリは人気商品から選びたいと思うとき、どうしてもよく目にする商品を選びがちです。

 

たとえば、ベルタ、afcのmitete、dhcなどは、ブログやTwitterで紹介する人が多いので、「葉酸サプリ」で検索すると目につきやすい商品です。

 

あるいは、ドラッグストアなどで探した場合、商品棚の目立つ場所に陳列されている商品を見つけやすくなりますね。

 

このようによく目にするから人気があるというのは、正しいとは言えない基準です。

 

もっとも葉酸サプリは選び方が重要ではなく、含有する成分の種類や量が適切であること、継続して飲むことができれば、それを前提にどの商品でも気にしなくてもいいので、それほど神経質にならなくても良いでしょう。

 

 

 

小林製薬から販売される『葉酸 鉄 カルシウム』は、アマゾンの売れ筋ランキング3位で、1日3粒で葉酸480μgが摂れます。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、妊活中の女性は400ug、妊娠中なら480ug、授乳中の女性は340ugの葉酸を栄養補助食品で摂ることを提言しています。

 

そのためどの時期でも調節できるわけです。

 

楽天のランキングには、他の市販品が入っています。