口コミを鵜呑みにするのは良くありません。

良い口コミでも悪い口コミでもその人にとっての事実だとは思いますが、好みに個人差があるように、葉酸サプリでも食感、匂い、さらにはご自身の体がそれを受け付けるかどうかにも個人差はあります。

 

ですから、読んだ口コミと同じ経験をするわけではないという理解のもと参考程度で見るのは悪くないと思います。

 

また、口コミを利用して商品の評価をコントロールする可能性があることを否定できません。

 

評価の高い口コミをたくさん掲載したり、有名な人も利用者という感じで、純粋に利用者の場合もあるでしょうが、作為的な感じがします。

 

時に自社商品を良く魅せるため、もしくはライバル製品の評価を下げるために架空の物語にしているかもしれません。

 

何でも深読みするのは面倒ですが、ご自身を守るために注意したい点だと思います。

 

 

 

葉酸サプリは、ネット上の公式サイトや実店舗で手軽に購入できます。

 

今までは、ピジョン、dhcなどが人気でした。

 

葉酸を摂るためのサプリなので、葉酸が含まれているのは当然として、中には妊娠しやすい体づくりの名目でマカが含まれている商品もあります。

 

また、妊婦となれば、鉄分やカルシム不足が心配なので、そういった成分も欲しいです。

 

ランキングや口コミで大方を決めて商品ごとの成分(効果)や口コミを確認して選ぶというパターンが多いようです。

 

ご自身なりの根拠があったにせよ葉酸サプリとしておすすめできないものもあります。

 

それは、天然葉酸が使われているサプリです。

 

なぜなら天然型は吸収率が高くなく、吸収率80%の合成型と比べると、その差が大きいからです。

 

 

 

葉酸サプリは多くのメーカーからたくさんの商品が販売されているので、あれもこれも飲むわけにはいかないので、人気ランキングなどの上位商品から選ぶこともあるでしょう。

 

方法としては間違っていないですが、最後決定の前には含有成分の種類をチェックしましょう。

 

第一に葉酸の含有量は、400μgが厚生労働省が推奨する基準です。

 

種類は、天然のポリグルタミン酸型ではなく、合成されたモノグルタミン酸型にします。

 

吸収率の差(天然型50%、合成型80%)が大きいからです。

 

厚生労働省も推奨しています。

 

次にサポート成分として、貧血防止の鉄分、丈夫な骨のためのカルシウムが必要です。

 

妊娠した母体は不足気味になるからです。

 

それと赤ちゃんのために発育サポート成分も欲しいです。

 

ランキングや口コミを見て選ぶなら価格だけでなくこのように成分の種類や質にも注目しましょう。

 

 

 

妊活中に葉酸サプリは人気商品から選びたいと思うとき、どうしてもよく目にする商品を選びがちです。

 

たとえば、ベルタ、afcのmitete、dhcなどは、ブログやTwitterで紹介する人が多いので、「葉酸サプリ」で検索すると目につきやすい商品です。

 

他にも実店舗での市販品から人気商品を探ろうとすると商品棚の目立つ場所に陳列されている商品に目が行ってしまいます。

 

このようによく目にするから人気があるというのは、おすすめできない判断の仕方と言えます。

 

ただ、葉酸サプリは正しい成分を含有し、休まずに飲めることが大切で、それを前提にどの商品でも気にしなくてもいいので、あまり深刻に考えなくても大丈夫です。

 

 

 

Amazonランキング3位の小林製薬 葉酸 鉄 カルシウムは、1日3粒で葉酸480μgが摂れます。

 

厚生労働省が報告する2015年度版の「日本人の食事摂取基準」によると、妊娠を希望しているなら400ug、妊娠中の女性は480ug、授乳中の女性は340ugの葉酸をふだんの食事とは別に1日に摂ることを勧めています。

 

葉酸480μgを含みますので、妊娠前から授乳中まで調節しながら飲めます。

 

ちなみに他の市販品は、楽天ランキングで上位です。