妊活中から葉酸サプリは知って飲んでいます。

産婦人科の先生も進めていると聞いています。

 

雑誌などでは、芸能人も飲んでいるらしいですね。

 

絶対に妊娠したいし、もし不妊だとしても葉酸で何とかなるのかなという思いからです。

 

調べてみるとドラッグストアでもネットでも買えますね。

 

商品の種類も豊富ですね。

 

人気の葉酸サプリは、原材料にこだわってお手頃価格ですね。

 

赤ちゃんのスキンケアで有名なアロベビーからも発売されていますね。

 

完全な後発組ですが、ライバル会社の人気商品を研究して開発されたアロベビー葉酸サプリがオススメと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

葉酸サプリは飲んでない、あるいはいつから飲む?という人は、病院の医師は、早くからとアドバイスしているはずですが、出産時期に合わせて妊娠中期から飲むと、うっかり勘違いされる方が案外います。

 

それでは肝心の神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果が薄いので、キチンと妊活中から飲みましょう。

 

もちろん、葉酸サプリを飲んでない人は、もっとリスクが高まりますよただし、葉酸サプリの名前があればどれでもいいから、ではないです。

 

葉酸は、スイス製は高品質で、中国/韓国製は粗悪ではないが低品質という評判があるので、相場よりお安い商品は、私だったら家族や友人には絶対勧めないですね。

 

ですから市販のピジョンは止めさせたことがあります。

 

それといつまで飲むかと言えば、授乳が終わるまでですね。

 

ただし、妊娠後期からは葉酸サプリで1000μg超の摂取はしないようにしてください。

 

1000μgを超えて継続的に摂取すると、出産数年後に喘息になった症例があったようです。

 

 

 

やっと妊娠できたと効果を実感できるのは、難しいことではありません。

 

人気の葉酸サプリで男性にも人気なのはエレビットで、後発組でも最近人気の葉酸サプリにアロベビー葉酸サプリがあって、葉酸サプリならではの正しい飲み方で飲み続け、「ああ、今月も生理が来た」とため息をついた妊活期間も妊娠することで、すべて報われますよね。

 

妊娠した後は、鉄分やカルシムなども欲しいですし、最初から葉酸だけでなく、そういった成分が含まれる葉酸サプリを選んで継続する方が、途中で商品の見直しや切り替えをする必要がなくて済みますね。

 

 

 

葉酸はいつまで飲むのか、あなたはいつまで飲みましたか?妊娠初期に赤ちゃんの器官が形成されるので、その時期は間違いなく必要です。

 

そして妊娠中期になっても摂取量は減らしたにしても葉酸は取った方がいいのです。

 

ベルタなので葉酸サプリは、飲んでないという方もいるようですが、医師や厚生労働省が推奨する量を食事だけでとるのは、とても難しいです。

 

なぜなら食材に含まれる葉酸量は少なく、葉酸量だけ意識した食事では、栄養バランスが悪くなります。

 

もちろん葉酸サプリは取るのが簡単だからと言って、規定量より多く飲むのは良くないことです。

 

1日の葉酸摂取量は、上限の推奨値が定められています。

 

上限値(1日あたり900~1000μg)を超えた飲み方を継続したことで、喘息持ちの子供になったというケースがあったからです。

 

ただ、あまり心配しなくても大丈夫です。

 

一般的にバランスが良いと言われる食事でさえ摂れる葉酸は、1日あたり240μg程度、ほとんどの葉酸サプリは、1日の規定量が400μgなので、無茶な食べ方、飲み方をしなければ、900マイクログラムを摂ることはほぼできません。

 

 

 

葉酸はビタミンの仲間で、B群に属します。

 

水に溶ける性質を持ち、ビタミンB12とともに血液を作る働きがあります。

 

そもそもビタミン類は互いに協力して働くことことで効果が生まれるものなので、1種類をたくさん摂るよりもいろいろなビタミンをバランスよく摂ることが良いとされています。

 

相性の良いビタミン同士を取らなければ、葉酸だけをたくさん摂っても期待する効果は得られないないということです。

 

妊活中の女性は、妊娠時の胎児の神経管閉鎖障害が起こる危険度を下げるという効果を期待し、食事からとれる葉酸とは別に1日あたり400マイクログラムの葉酸をサプリメントなどで摂りなさいと厚生労働省から通知されました。

 

しかし、葉酸の過剰摂取は、別の病気(ビタミンB12欠乏症)と区別がしにくくすることもあるので、適切な量を摂取することが大切です。

 

そのため葉酸の1日の摂取量は、上下限値が定められています。