妊活には男性用葉酸サプリを摂りましょうというのは、必ずしも正しくありません。

葉酸は、胎児の器官を作る時期に葉酸が不足すると神経管閉鎖障害のリスクが生まれるので、それを予防するため女性に効果があるとされている栄養素だからです。

 

妊娠する前から飲んで、妊娠初期に備えるという考え方です。

 

それが男と女の違いであって、妊娠しない男性が飲んでいないのは、特に支障はありません。

 

そもそも男性が飲んでも効果はありません。

 

でも成人男性の葉酸の推奨量は、1日あたり240μgとされているので、この分は必要だと考えておきましょう。

 

普通の食事で摂れる量とされていますが、その男性が、もし偏食気味であれば、栄養補助食品を利用した方がいいでしょう。

 

ただし、摂取上限量を超えてはいけません。

 

副作用の危険があります。

 

葉酸の摂取上限量は、18~29歳で900μg、30~69歳で1000μgです。

 

むしろ男性には、マカなどの栄養素材を使ったサプリの方がおすすめです。

 

 

 

やっと妊娠できたと効果を実感できるのは、容易なことです。

 

男性も含めて口コミで人気の葉酸サプリは、エレビットで、後発組でも最近人気の葉酸サプリにアロベビー葉酸サプリがあって、妊活中に効果的な飲み方で継続することで、精神的なプレッシャーも大きかった時期は忘れるほどの喜びで満たされます。

 

とは言え、それでおしまいではありません。

 

妊娠初期こそ大事な時期ですので、葉酸と他のビタミンなど、そういった成分が含まれる葉酸サプリを選んで飲み続ける方が、途中で商品の見直しや切り替えをする必要がなくて済みますね。

 

 

 

葉酸に妊娠を促す作用はありません。

 

ただ、葉酸サプリと言えば、葉酸を中心におおむね体に良い栄養素がバランスよく配合されているので、妊娠前から摂るのは理にかなっています。

 

厚生労働省をはじめ産婦人科医も摂取を勧めているので、飲んでいると気持ちが安心するということもあるでしょう。

 

さらに最も大切なのは、赤ちゃんにとって妊娠4~5週というのは、人として必要な器官が作られる時期という点です。

 

この時期に葉酸を取っていることで、神経管閉鎖障害の危険を避けられる可能性が非常に高くなります。

 

そもそも一般的に6週目ごろ妊娠に気づくため、その時から葉酸を飲みはじめるのでは、ちょっと遅いので、妊活中から摂りましょう。

 

そして出産後の授乳している間は、摂った方がいいですね。

 

 

 

妊活中から葉酸サプリを先輩ママから勧められて継続中です。

 

産婦人科の先生も進めていると聞いています。

 

芸能人も飲んでるという声を聞きますし、妊娠できないのは嫌だだな、もし不妊だとしても葉酸で何とかなるのかなという思いからです。

 

調べてみるとドラッグストアでもネットでも買えますね。

 

商品の種類も豊富ですね。

 

その中でも人気商品は、原材料の種類や品質が高くて当然無添加ですね。

 

どれか1つお薦めを選ぶならば、販売歴は浅いですが、他のメーカーの商品を学習して開発されているでしょうから良いと思います。

 

 

 

葉酸サプリはいつからいつまで飲めばいいの?葉酸の働きを期待するためという意味では、妊娠する前から卒乳まです。

 

最も大切なのは妊娠初期ですが、授乳中も妊娠前よりは多めの葉酸が必要です。

 

卒乳をすれば、バランスのよい食事を摂ることで、厚生労働省が推奨する成人女性の摂取量は摂れる見込みがありますので、サプリメントで増やさなくても良いでしょう。

 

もっとも各栄養の推奨値を満たす食事は、それほど簡単なことではない方もいますね。

 

赤ちゃんの面倒も見なくてはいけないのに、丁寧に自分の食事を用意する、仮に用意できてもゆっくり食べるなんて、そんな簡単ではないですよね。

 

ですので、妊娠中より少なくていいのですが、あなたの食事の質に合わせて少しの葉酸サプリを続けてもいいだろうなと思います。

 

特に葉酸以外の、たとえば美容成分を含んだ商品であれば、細く長く続けて産後のお肌のトラブル防止に良いと思います。