葉酸はビタミンの仲間で、B群に属します。

水に溶ける性質を持ち、ビタミンB12とともに血液を作る働きがあります。

 

そもそもビタミン類は互いに協力して働くことことで効果が生まれるものなので、1種類をたくさん摂るよりも多種をまんべんなく摂った方が推奨されています。

 

協力関係にあるビタミン類と摂ることを前提とし、葉酸だけをたくさん摂っても期待する効果は得られないないということです。

 

妊活中の女性は、妊娠時の胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減させるため、食事からとれる葉酸とは別に栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂りなさいと厚生労働省から通知されました。

 

しかし、葉酸の過剰摂取は、別の病気(ビタミンB12欠乏症)と区別が難しいので、やはり過ぎたるは及ばざるがごとしです。

 

そういったこともあり1日あたりの葉酸について、摂る量の下限値も上限値も設定されています。

 

 

 

赤ちゃんが欲しいと思い葉酸サプリは知って飲んでいます。

 

産婦人科の先生も進めていると聞いています。

 

雑誌などでは、芸能人も飲んでいるらしいですね。

 

絶対に妊娠したいし、葉酸サプリは葉酸以外の栄養素も含まれているので、まだ続けます。

 

かなり自由に買えるし、商品の種類も豊富ですね。

 

その中でも人気商品は、原材料の種類や品質が高くてお手頃価格ですね。

 

赤ちゃんのスキンケアで有名なアロベビーからも発売されていますね。

 

完全な後発組ですが、他のメーカーの商品を学習して開発されているでしょうからオススメと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

葉酸はいつまで飲むのか、あなたはいつまで飲みましたか?まず赤ちゃんの最初の成長時期である妊娠初期は、間違いなく必要です。

 

さらに妊娠中期の妊婦さんでも妊娠初期より量は減らしても摂るべきです。

 

葉酸は食事で摂っているからピジョンやafcなど市販されている葉酸サプリは飲んでないという方もいるようですが、医師や厚生労働省が推奨する量を葉酸サプリを飲まずに摂るのはほぼ不可能です。

 

それぞれの食材に含まれる葉酸量の決して多くはないですし、比較的含有量が多い食材ばかり食べたら栄養のバランスが偏ります。

 

とは言え、葉酸サプリを規定量より多く飲むのは良くないことです。

 

1日の葉酸摂取量は、上限の推奨値が定められています。

 

1日あたり900~1000μgという上限値を超えた飲み方を続けたことで、喘息持ちの子供になったというケースがあったからです。

 

でも心配には及びません。

 

食事で摂れる葉酸は、朝昼晩のきちんとした食事でも1日に240μgほどで、ほとんどの葉酸サプリは、1日の規定量が400μgなので、暴飲暴食や規定以上の摂取をしなければ、900マイクログラムを摂ることはほぼできません。

 

 

 

男性も妊活中に葉酸サプリを摂ろう言う意見は、必ずしも正しくありません。

 

葉酸は、胎児の器官を作る時期に葉酸が不足すると二分脊椎や無脳症の発症リスクがあるため、それを予防するため女性に効果があるとされている栄養素だからです。

 

妊娠する前から飲んで、妊娠初期に備えるという考え方です。

 

それは男性と女性の決定的な差ですね。

 

パートナーの男性が飲んでいないとしても特に問題はありませんし、男性が飲んでも効果はありません。

 

でも成人男性の葉酸の推奨量は、1日あたり240μgとされているので、この分は必要だと考えておきましょう。

 

240μgは、食事で摂れるという前提で考えていますが、もし偏食などがあるならば、栄養補助食品を利用した方がいいでしょう。

 

ただし、取りすぎは副作用を招くので注意してください。

 

18歳以上の男性の場合、葉酸の上限量は900~1000μgになっていますので、覚えておきましょう。

 

むしろ男性には、マカなどの栄養素材を使ったサプリの方がおすすめです。

 

 

 

葉酸サプリの葉酸は、胎児の器官が作られ始まる時期になくてはならない栄養で、妊娠に影響するものではありません。

 

ただし、葉酸サプリの中には妊活を成功させるため、女性と男性の体づくりに貢献できると考えられる成分を配合している商品もあります。

 

その素材はマカで、これを配合する葉酸サプリはおすすめです。

 

マカは栄養が豊富で、女性ホルモンを増やす働きもあります。

 

アミノ酸やミネラルもバランスよく含まれていてホルモンバランスの安定に一役買っています。

 

女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似ている作用をする植物性エストロゲンが含まれているので、女性が好調になる効果が期待できるようです。