葉酸によって妊娠しやすくなるということはありません。

でも葉酸サプリは葉酸のほか、おおむね体に良い栄養素がバランスよく含んでいる商品が多いので、妊娠前から摂るのは理にかなっています。

 

2000年から厚生労働省は摂取を推奨していることもあり、飲んでいると気持ちが安心するということもあるでしょう。

 

さらに最も大切なのは、赤ちゃんにとって妊娠4~5週というのは、人として必要な器官が作られる時期という点です。

 

このタイミングで葉酸を取っていれば、神経管閉鎖障害の危険を避けられる可能性が非常に高くなります。

 

そもそも一般的に6週目ごろ妊娠に気づくため、その時から葉酸を飲みはじめるのでは、少々遅いとも言えるため、妊娠前から摂るのが望ましいというわけです。

 

そして出産後の授乳している間は、摂った方がいいですね。

 

 

 

妊娠の喜びを知ることは、容易なことです。

 

人気の葉酸サプリで男性にも人気なのはエレビットで、後発組ながら人気が上がっている葉酸サプリにマカナという妊活サプリともいえる商品があって、葉酸サプリならではの正しい飲み方で飲み続け、精神的なプレッシャーも大きかった時期は忘れるほどの喜びで満たされます。

 

とは言え、それでおしまいではありません。

 

最初から葉酸だけでなく、そういった成分が含まれる葉酸サプリを選んで継続する方が、妊娠後に商品を変える必要もないのでお勧めですよ。

 

 

 

葉酸サプリは、妊娠初期から臨月の今でもまだ飲んでいます。

 

はじめての出産で心配は尽きなかったのですが、つわりが全くありませんでした。

 

ビビってましたけど、特別なことをして過ごしてきたわけではなく、あるとすれば、葉酸サプリを飲んでいたことかなと思います。

 

値段が安い市販品のサプリはそれなりかなと考えていましたが、私はいたって普通で妊婦検診でも胎児に異常はありません。

 

続けることが大切ですね。

 

飲みやすいことは続けられた理由だと思います。

 

たくさんあるサプリの中で値段も成分も同じようだと厳選まとめサイトを見ても1つを選ぶのは難しいですが、どれほど真剣に赤ちゃんのことを考えているかという点は重要ですね。

 

 

 

ベルタの公式サイトの中に男性も妊活中に葉酸摂取するよう勧めています。

 

その根拠は、「葉酸が精子の染色体異常を減らす働きがある」とアメリカの研究者が報告したことです。

 

しかしながら日本の研究者からは、同様の研究報告がありません。

 

また、厚生労働省も認めていません。

 

そういったことから「元気な赤ちゃんのために男性も葉酸を摂りましょう」というアプローチは、ちょっと眉唾ものですね。

 

ただし、厚生労働省は成人男性における葉酸の摂取推奨量の指標はあります。

 

それは、1日あたり240μgです。

 

食事からとる前提での量です。

 

ですから、食事でこれだけの葉酸が摂れていればサプリメントは不要で、逆に食事でこれだけの葉酸を推奨量を満たしていないなら葉酸サプリを飲んだ方がいいですよね。

 

それと、国立研究開発法人科学技術振興機構による情報には、葉酸摂取は致死的心筋梗塞発症危険を軽減させる可能性があること、また葉酸がホモシスティンという物質を減らすことになり、アルツハイマー病、心筋梗塞、骨粗鬆症による骨折、鬱血性心不全などの発症リスクを下げる可能性を示すという報告があります。

 

ということは、摂取の上限に注意しつつ、葉酸はサプリなどで摂っても良いと解釈できますね。

 

 

 

葉酸サプリの葉酸は、胎児の器官が作られ始まる時期になくてはならない栄養で、妊娠するかどうかに影響しない成分です。

 

ただし、葉酸サプリの中には妊活を成功させるため、プレパパとプレママの妊娠体づくりに役立つと考えられる成分を配合している商品もあります。

 

その素材はマカで、これを配合する葉酸サプリはおすすめです。

 

マカは栄養が豊富で、女性ホルモンを増やす働きもあります。

 

アミノ酸やミネラルもバランスよく含まれていてホルモンバランスの安定に一役買っています。

 

それは、エストロゲンという女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンを含んでいるので、女性が好調になる効果が期待できるようです。